ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)

アクセスカウンタ

zoom RSS おまけ : 感想戦(用語集付き)

<<   作成日時 : 2007/11/20 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

.





芝村 :
はい。時間です。お疲れ様でした。


SW−M :お疲れ様でしたー

tacty :おつかれさまでしたー

S×H :時間ですかー

yuzuki :お疲れ様でした。

刻生・F・悠也 :お疲れ様でした、ありがとうございました

西條華音 :ありがとうございました、お疲れ様です。

タルク :お疲れ様でしたー

ロッド :お疲れ様でしたー

S×H :お疲れさまでした。ありがとうございましたー

星青玉 :お、おつかれさまでしたーーー@@

tacty :大サービスありがとうございましたー

yuzuki :次合わせる顔がない…

ロッド :いやぁ、呼ばなくても会えましたねぇ

SW−M :なんというACEパレード

S×H :続きは個人イベントですね(笑)>みなさん

星青玉 :そ、そんなこといったらこっちはどうするんですか>yuzukiさん


芝村 :
そしてマイトは見つからない


タルク :う・・・

刻生・F・悠也 :芝村さん、マイトの相手はエノーテラだったのですか?

SW−M :はい。まぁ次一人でどうにかします。

西條華音 :SWさんもマイトと会えればよかったのですが・・・

S×H :あの現地妻量産機めー

ロッド :PW行ってないといいけど>マイト

SW−M :量産された手前なんも言えんなぁ<量産機

刻生・F・悠也 :本人、女嫌いの筈なんだがなぁ。

S×H :いや、専用機にするべきですよ>SWさん


芝村 :
さてね>相手


SW−M :呪いかかってんじゃないのかー?<女嫌いの

星青玉 :そして青舞はほったらかし・・・・・

タルク :バルクが言ってるだけだからなあ…呪い

yuzuki :教授がステキスギデス。

刻生・F・悠也 :いや、まぁ絡みようが無いというか<ブータ先生、青、舞

星青玉 :亀の甲より年の功ですね

SW−M :いやいや、量産されたのは私の方ー


芝村 :
教授が全部もってった。


ロッド :ブータ先生はどこに


芝村 :
酷いゲームだ


刻生・F・悠也 :教授が本当に大人でしたねぇ

西條華音 :教授GJです!

tacty :人生に迷ったらマイルためて小笠原で人生相談にくるかな・・・

S×H :ですね>教授一人勝ち

yuzuki :告白するつもりなんかなかったのに…。

SW−M :次小笠原行くときは教授も一緒に来てもらおうかな(ぼそっと)

タルク :でしたw>教授

星青玉 :あっちゃんって呼んで良いか聞くつもりだったのにw>もってかれた

S×H :教授が居れば攻略本はいらないですねぇ

刻生・F・悠也 :まさか秋祭りまで教授に持っていかれるとは・・・大人の貫禄と経験、恐るべし。

ロッド :教授凄い(笑)

星青玉 :たしかにw>S×Hさん

星青玉 :人身掌握術だw

刻生・F・悠也 :んー、でもこういうのは本人が何とかすべきだと思うし。
攻略本そのものは邪道だよー

yuzuki :人の心動かすの上手すぎです、教授。


芝村 :
まあ、さすが皆から教授教授としたわれて、しまいにゃ独立軍作ったときにあの人リーダーにしようと大変な話になるだけはある。


星青玉 :いや、ほんと教授とってて良かったw

刻生・F・悠也 :ただ、真面目な人なので、それだけにアリアンのやり方に、忸怩たる思いもあるんだろうなぁ。

ロッド :ネタにしてごめんなさい!>教授

タルク :黒の人達とはまた違った魅力がありますw

刻生・F・悠也 :そして、Whoさんは、このお祭りの続きからどうなるのだろうか。

星青玉 :それは僕もw


芝村 :
続きから遊べるよ


西條華音 :また教授の授業を受けたいです。

yuzuki :メード服着せてごめんなさい…。

星青玉 :うぉ!?では次回予約の時にーー@@

SW−M :おお、よかったじゃないですか。頑張れー!

刻生・F・悠也 :鋸ルート確定(ボソリ

tacty :なに? ほんとに「のこ=星青玉の…」?

yuzuki :教授の授業は面白かったです。人気になりそう。

タルク :あー、メード服着せてごめんよ教授ー…。

星青玉 :ひどいもんなぁw


芝村 :
ははは。


刻生・F・悠也 :だって、月子との間で揺れ動いてたじゃんー

yuzuki :whoさん手を掴む>ハメラレタもの同士。


芝村 :
すごいね。俺もこれくらい授業できる子になりたいもんだ。


S×H :「=で結びたまえ」>星青玉さん

星青玉 :yuzukiさんの手をぶんぶんふります>同士

西條華音 :Whoさんがどっちを取るかと思ってたら一気に決着が・・・


芝村 :
はめられたのか(笑)


tacty :(どこがどう同士なのかしらw

星青玉 :しょ、勝負はときの運!

SW−M :いやいや、ラブコメはここから面白くなるのですよ

ロッド :結局、黒髪のこさんは一体…?

刻生・F・悠也 :ただ、鋸ちゃんは一本気っぽいので、「月子のことは遊びだったの?」とか誤解を解くのが大変そう。

星青玉 :そこらへんはこれから明らかになっていくのですよ、次回をお楽しみに!って奴で

tacty :迷宮のこさんもいったい?

yuzuki :途中から頭真っ白でした、気がついたら公開告白…あれ?

S×H :続きが楽しみな人が3人(笑)+刻生さんの広島も楽しみー

タルク :迷宮はこれから行くんでは?

tacty :ロッドくんは飛躍が足りないw

刻生・F・悠也 :噴いた<飛躍が足りない

西條華音 :tactyさんうまい!

ロッド :ちょ(笑)

tacty :とっちゃうよ,えーとタルクさんが

星青玉 :ビギナーズ国民はバイタリティがすごいですねw

yuzuki :うまいです、座布団!


芝村 :
ははは。


芝村 :
では解散しましょう。おつかれさまでした。


タルク :ああ、そうでしたよロッドさん!

西條華音 :タルクさんがw

tacty :ありがとうございましたー

yuzuki :お疲れ様でした、ありがとうございました。

星青玉 :おつかれさまでしたー、ありがとうございました。

SW−M :お疲れ様でしたー

西條華音 :お疲れ様でした、ありがとうございました。



芝村 が会話から退席しました。



タルク :お疲れ様です、ありがとうございました

S×H :おつかれさまでしたー。秘宝館だけ

SW−M :あ、秘宝館へはー

S×H :あー

星青玉 :つ、疲れた……

タルク :あ

SW−M :って

タルク :しもた

西條華音 :聞き忘れましたね。

刻生・F・悠也 :お疲れ様でした。ありがとうございます

SW−M :あとyuzukiさん谷口の変動だけ聞きたかったのにー

ロッド :お疲れ様でしたー

星青玉 :あ、昨日のお見合い提出しに行く時聞いときますよ?

S×H :そこだけ評価ありそうですしね

yuzuki :いや、変動はなしだと思います。次回に持ち越しかもーかもー

tacty :呼んでないからないかもねー,でも評価なんて飾りですある

西條華音 :Whoさんとのこさんの評価も変化してそうですね。

S×H :こちらから教授へは+2+2です(笑)

SW−M :というか、教授の評価も上がってそうだけどなぁ。友情だけ

星青玉 :評価変動はなかなぁ……人多すぎw

ロッド :ですねぇ

yuzuki :教授は最強のACEだと思います。

刻生・F・悠也 :まぁ、二人への印象は変わっているだろうね<谷口、鋸ちゃん

タルク :あれで変動してなかったら、谷口(泣

星青玉 :記憶は違いますねー(でも続きからだとあまり意味ないかもw)

SW−M :もしくはあれですか。次回一気に上がる為の伏線とか

ロッド :まぁ、前提変換にはなるよー

刻生・F・悠也 :そして、谷口と鋸ちゃんは逃げるに一票

星青玉 :谷口は大丈夫でしょうw

刻生・F・悠也 :行ってみたら、居ないという奴

S×H :コーダじゃあるまいし(マテ

yuzuki :ううっ。

SW−M :マイトじゃあるまいし(マテ)

刻生・F・悠也 :「言っちゃいけなかったんだよ、チェーもといS×Hさん。[1]それだから、大人って簡単に人の心を抉れるんだぁー」

星青玉 :で、マナティー[2]になるのねw

星青玉 :>刻生さん

S×H :ごめんねw

刻生・F・悠也 :マフティー[2]ね。 俺は水生生物ではない

星青玉 :ち、ひっかからなかったかw

S×H :って、こちらはそろそろ閉めませんか?

ロッド :評価、依頼数はWhoさんがログ出す時に聞くでOK?

刻生・F・悠也 :ジュゴンみたいにポイポイダーと一緒に泳がない

星青玉 :あ、誰がログ提出やります?

SW−M :それでOKです

タルク :了解ですー

tacty :マイル出した人が回収するといいさー

SW−M :マイル欲しい人ー

SW−M :お手上げ

S×H :出してないから遠慮します

刻生・F・悠也 :お願いします。 教授の素晴らしさを世に出してください

タルク :ほしいけどほかのひとにゆずるー

ロッド :(50マイルあるからいいです…)

yuzuki :ゆずります。

西條華音 :他のマイル欲しい人のため辞退します。

星青玉 :なにげに40マイルくらいあるんだよな……

S×H :みんな出さないなら作業だけはしますよ?

SW−M :ここで提案。国に入れね?

tacty :あ,それいいですねー

西條華音 :賛成します。

ロッド :そ れ だ!>国

S×H :国に入れるのは賛成っすー

yuzuki :賛成です、作業はしますよ。

刻生・F・悠也 :天才現る

ロッド :飛躍が足りなかった…

タルク :賛成ー。注釈とかつけたいですー

S×H :=で結びたまえ

星青玉 :さんせーい

SW−M :では国に入れるということでー。作業は……やりたい人がやればいいと思うけど、だれがいいかな。

yuzuki :3時間目非公開でぇぇええ(涙)

星青玉 :やりたいような、めんどいような……

S×H :ミニじゃないから非公開は不可です

tacty :聞こえない聞こえない

ロッド :生ログ上げて、ちまちま編集すればいいんではー

yuzuki :あうーあうーあうー

星青玉 :あ、用語集っぽいもの作りたいです

タルク :不可・・・…(ほろり

tacty :時間がかぶると編集が消えちゃったりするから作業時はチャット報告必須って感じだねー

SW−M :じゃあタルクさん、星さん注釈。

S×H :お願いしまーす

タルク :はい>注釈

SW−M :yuzukiさんとS×Hさんがメイン作業かな

ロッド :お願いしまーす

yuzuki :はい、では時間で分けませんか?

星青玉 :じゃあ、注釈は本編がおわってから作業入ります

タルク :分かりました、ではそのように

SW−M :(なんなら絵もつけていいんだよーという天の声が聞こえた)

ロッド :yuzukiさんは3時間目と…

tacty :Whoさんとyuzukiさんは3時間目に触るの禁止w

S×H :あ、はい。では生ログ上げるの明日昼でいいですか?

星青玉 :海法さんばりに[3]改ざんしてやるw

yuzuki :はっ、訂正入れようと思ったのに…。

tacty :じょーだんよー

刻生・F・悠也 :え、海法さんてログに改ざん入れているの?

星青玉 :式神の城の小説の話ですw

ロッド :3時間目だけ違うブログに(笑)

西條華音 :あ、3時間目で一箇所yuzukiさんにさん付けするのを忘れた個所があるので、なおしてもらえますか?

刻生・F・悠也 :ああ、なるなる<whoさん

tacty :まぁ改ざん見つけたら脚色して直すけどね<直すになってない

タルク :あー、随分前の アプロー事件のラストとか?>改ざん

S×H :yuzukiさん、生ログ上げるので誤字とかの修正お願いできます?

yuzuki :はい。

星青玉 :いや、小説の式神の城では本来海法さんがいる場面から海法さんがのすがたが作者特権で削除されてるんですw

タルク :そ、そんなことがw

S×H :では、改行だけ修正して出すことにしまーす

刻生・F・悠也 :では、Whoさんが放送で最後になんと言ったか、をボーナストラックで・・・

タルク :そ れ だ

ロッド :では、こちら解散?

星青玉 :ボーナストラックつーか、そこらへんは次回小笠原では?w

SW−M :それは全員から案を募集ということで

刻生・F・悠也 :ほえー、式神事件ってエースゲームなのか

ロッド :むしろコメント欄作って…

刻生・F・悠也 :募集する?<コメント欄

tacty :「人生に迷っておられる星青玉さんが本部にてお待ちです…」

刻生・F・悠也 :しかし、小笠原はこのお祭りの続きかぁ。
頑張ってね、Whoさん!

星青玉 :き、きさまらー!おのれー!!(舞姫に弟子入りして殴りたおせるようになろうかしら)

SW−M :「鋸山伸児さま、逃げないでと星青玉さまがお呼びです」

SW−M :(字あってたっけ?)

S×H :月子:「応援するね♪」

星青玉 :信じるですね

西條華音 :いっそ本部のマイクを奪って叫ぶWhoさんが見たいですw

刻生・F・悠也 :いや、正直な話、女の子は泣かせない方がいいよ。
心が痛む。

星青玉 :いや、脳内イメージではそれでした>奪って叫ぶ

yuzuki :whoさん…(ほろり)

タルク :(ああ、いいなあその情景)

刻生・F・悠也 :と、谷口に親近感を覚えるボク

ロッド :ラブコメ主人公めー

S×H :「小笠原の中心で愛を叫ぶ[4]

SW−M :「の、のこ……あ、ちょっと借りるだけですから!鋸山さん!話したいこと…や、止めて!ちょっとだけだからぁぁぁ(フェードアウト)」

刻生・F・悠也 :「誰か、助けてください!」

星青玉 :くやしいか、くやしかったら、ここまでこい!!>ミズキと!!

タルク :パレードあんま見れんかったなあ…

ロッド :3時間目のタイトル?(笑)>愛を叫ぶ

西條華音 :ストレートに「のこさん!好きだーーーー!」とかw

tacty :3時間目のタイトルはそれでいいよね,
「小笠原の中心で愛を叫ぶ×2」

刻生・F・悠也 :で、係員は俺らが抑えると。星くん、オンステージ

S×H :「小笠原の中心で愛を叫んだけもの」

星青玉 :いやーーーーパクリーーーーーw

tacty :「小笠原の中心で愛を叫んだけもの×2」

刻生・F・悠也 :俺らのアイドル、yuzukiさんを獣と言う気かね?

SW−M :パクリがパクリを呼んだw

星青玉 :もともとの題にちかくなったーーーーーw

星青玉 :もとのもとのもとか正確に言えば

S×H :=で結びたまえ

yuzuki :「猫になってすみで丸くなってます。」

tacty :SFのタイトルはパブリックドメインだよw

刻生・F・悠也 :ちょ、もう持ちネタにしちゃえw<=で結びたまえ

yuzuki :のんびり小笠原のはずがー!

星青玉 :うん、開始前からハメラレターと思ったよw

tacty :いやぁ,堪能したなぁ>のんびり小笠原

西條華音 :3時間目は恋愛ドラマでしたねw

SW−M :ぜったいぐるぐるしないって決めてたのにー

S×H :うんうん。のんびりでしたねー

刻生・F・悠也 :「飛躍が足りない」「=で結びたまえ」が今年のビギナの流行語大賞の大本命ですな

タルク :のんびりー

ロッド :楽しかったー>のんびり小笠原

yuzuki :3時間目も授業にしておくんだった…。

tacty :きみがのんびりしてるから…>飛躍が足りない

星青玉 :はははははははははh、ごめん今画面のまえで苦しいくらい笑ってる>流行語大将

S×H :ある意味授業ですよ>yuzukiさん

刻生・F・悠也 :ちょっとだけびっくりしたけど、やっぱり予想通りでよかった〜(まったり

SW−M :そしたらのこさんの乱入だけですんだのに<3時間目授業

ロッド :yuzuki君、飛躍が足りない

星青玉 :まぁいいや他の人も巻き込んだしw ていうかそもそもの間違いはこのメンバーだったのでは?w

yuzuki :ですねー。>3時間目授業

西條華音 :あはは、腹筋が痛い(爆)

刻生・F・悠也 :(爆笑中)<飛躍が足りない

tacty :間違いってなに?w

星青玉 :え、ボクとSWさんとyuzukiさんと刻生さんをつれてくればどうせこうなったということw

刻生・F・悠也 :今回の間違いを「=で結びたまえ」

yuzuki :あうーあうーあうー。

刻生・F・悠也 :いや、ボクハムカンケイデスヨ?

星青玉 :だから、しょっぱなからすげえって言われてたしw

ロッド :ああ、駄目だ面白すぎる>=で結びなさい

SW−M :広島を解決していればどうなったかな?>刻生さん

タルク :あー、言ってたー

西條華音 :最初に芝村さんがいったすごいって普通にその4人だと思ってました。

星青玉 :うん

刻生・F・悠也 :仮定はありえないよ。飛躍が足りない

yuzuki :ふふっ、私はカウントされてないと信じてた…。

S×H :そこだけ太字ですね>すごい>ログ

tacty :そ・ん・な・わ・け,な・い・で・す>カウントされてない

SW−M :その用法は違う気がー<足りない

星青玉 :信じるのは自由だw

ロッド :yuzukiさんの告白も>太字 飛躍が足りない

西條華音 :いっそこの感想ログも公開してしまいたいw

星青玉 :長い、長いよw

SW−M :おまけでつける?

タルク :するといいよ!

S×H :んじゃオマケでー(笑)

星青玉 :ボクはOKですがw

tacty :え,感想戦はつけるのが普通でしょw

星青玉 :長すぎでしょw

ロッド :許可(笑)>公開

タルク :分割で!

SW−M :長いオマケだなぁw

刻生・F・悠也 :どっちにしろ、状況的にコーダは出ないだろうと予想してたから、安心して部外者面してたもん〜(黒髪で汗かいたが)
承認!<オマケ

yuzuki :大丈夫です。

ロッド :オマケまで分割って(笑)

S×H :オマケのほうが長かったりして…

SW−M :まぁ、まだ分割すると決まったわけではないよ

西條華音 :ある意味ディレクターズカット版?

星青玉 :w

S×H :文字数制限基準で適当な長さで切りますよ。真面目な話。

タルク :それいいかも>ディレクターズカット版

yuzuki :燃え尽きました、そして飛躍が足りないの意味が分からない人(爆)

星青玉 :みんな気分はガンパレードだねぇ

ロッド :2万でしたね>文字数

SW−M :夢を持てってことかなと私は思ってましたが<飛躍がたりない

tacty :ノリです。意味なんてないです>飛躍が足りない

SW−M :まぁ、あとは某まっすぐなクーガーさん[5]とかけてるのかとは思ってました

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :ようするに、目の前だけではなく、もっと先を見ろということだと思います

星青玉 :近くしか見えてないって事かなぁーっと

西條華音 :教授が言ってた時は真面目に意味があったはずなのにー

星青玉 :って刻生さんと被った

yuzuki :なるほど、了解です。3時間目は超近視になってました。

タルク :うん、遠くを見据えてって感じですかね

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :御互いに飛躍が足りないな。<Whoさん

tacty :いや,yuzukiさんは飛躍しましたっ,すばらしいです!

星青玉 :いや、説明で飛躍しちゃだめでしょw

S×H :いやいや、上手くいったのyuzukiさんだけじゃないですか

ロッド :つまり短期予知だけではなく長期予知もしろと

SW−M :うん。yuzukiさんは飛躍した

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :しかし、俺らは「=で結」べない

yuzuki :次回は地平線の彼方を見つめるような遠い目をしていきます。

西條華音 :Whoさんもいい方向に行きましたよ。

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :正直、諦めるなーと思ったよ、Whoさん

ロッド :ルート決まったしー>Whoさん

S×H :Whoさんはさすがでした>ラブコメ体質

SW−M :あ、失敗してんの私だけじゃーん。めでたいめでたい。

タルク :ああ、やっぱりw>ルート確定

星青玉 :なんとかーーーーー教授アリガトーーー!!今度絢爛やるときはちゃんと仲良くするよーーーーーーー

yuzuki :whoさん私は何も言えません、頑張ってください。

西條華音 :SWさんは時間があれば成功してたと思いますよ。

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :俺の場合、溺れるまで泳いでいたら、コーダ掴まった可能性があったの未だに後悔してる

SW−M :私は見っけた瞬間捕まえてりゃよかった

星青玉 :諦めるつーか、人数多すぎでこっちの話始められなかったというかw;

tacty :いつの間にか刻生さんの@以下にすごい字面がw

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :そういうの気にしている時点でダメなんよ

S×H :飛躍が足りない?

yuzuki :マイト君すばやいな。

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :そういうのををかなぐり捨てて、彼女を一番に思ってあげないと

タルク :飛躍が(ry

星青玉 :はじめに言っておく[6]、俺はかーなーりー優柔不断で気まぐれ屋さんだ!

SW−M :私に限ってはこうだな、速さが足りない

西條華音 :そんな侑人は嫌だ!

ロッド@ポー教授万歳! :ラブコメ主人公だね>優柔不断

tacty :勢いかいっ,なんてこうラブコメな

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :うわ、まさにギャルゲー主人公。ルートによって性格変わる・・・

yuzuki :谷口さんの食べ物好きに助けられました。

星青玉 :が、決めたら突っ走るし誰にも止められないぜ!

タルク :(ひどいいわれようだw)

SW−M :ナイスボートにならないことを祈ってます>ラブコメ

tacty :今日も食べ物だったねーw

yuzuki :人間は不安定な存在なんですby教授

星青玉 :あれはなぁ……>ナイスボート

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :月子へはフォローいらないけど、鋸ちゃんへはフォロー入れとけー

ロッド@ポー教授万歳! :焼きそばは飲み物@谷口

S×H :「答えは結果ではない」素敵に笑った。

西條華音 :前の小笠原でも食べてたし谷口の好物=焼きそば?

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :yuzukiさんのは御互いに奥手なので、キスするとかが試練になりそうですね

yuzuki :こんなはずじゃなかった小笠原…。(遠い目)

星青玉 :鋸さんはフォローとかそういう問題じゃないもんなぁ……

S×H :焼きそば出た瞬間ミズキが逃げ出すかと思いましたw

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :(蝶子さんの試練がキスだった)

tacty :yuzukiさんのことを思い出してたんだとみるのがロマンチスタ>焼きそば

S×H :「イカナ!!」

星青玉 :あー、ちょっと思ったw>やきそば

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :ああ、さすがだよ同士tactyスキー<焼きそばで 

タルク :「イカナを返して!」

SW−M :……私の試練はいったいどんなもんになるんじゃ(遠くを見てみる)

tacty :だよねー同士刻生

yuzuki :いや、谷口さんはそこらへんは考えてないと思います、ミズキちゃんとの思い出のほうが強いので。

ロッド@ポー教授万歳! :いやー、焼きそばとは別の場所いたでしょ>ミズキ

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :いやいやいや<yuzukiさん
あれはyuzukiさんにぞっこんですよ。

yuzuki :焼きそばで傷つけたので多分これはあのときのやり直しをさせられてるのかなと?

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :お見合いと聞いた時の落ち込み様。見ました? 奥様方

S×H :ええ。もちろんですわ

SW−M :見ましたわ刻生の奥様。あれはもう裏切られたと思ってたに違いありませんわ

タルク :ええ、みましたですわ

yuzuki :うあーうあーうあー。(涙)

西條華音 :ええ、お見合いって聞いたときの谷口さんの反応、yuzukiさんに脈ありだと思いましたわ

tacty :大変いい落ち込みでしたわ,眼福眼福

ロッド@ポー教授万歳! :あれはもう…なんといっていいかわからなかったですわ

星青玉 :負けちゃダメよ!yuzukiさん!(同志らしい)

タルク :あからさまにがっかりしていましたもの

S×H :ニヤニヤが止まりませんでしたわ

yuzuki :whoさんが救いの神さまに見えます。

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :「あらあら、まあまあ。判っていないのは本人ばかりですわね」

S×H :(どこまでのっけるんだこのログ)

SW−M :谷口はそうだったのかと、落ち込んだ。 ← これですものねぇ

星青玉 :えーっと適当w

西條華音 :「とても初々しい素敵なカップルですわねー」

ロッド@ポー教授万歳! :「全く、恋愛というものは視野を狭めますわね」

S×H :「うふふ。若いっていいわねぇ」

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :「ええ、お二人の子供が楽しみですわ」

yuzuki :穴を掘って埋まっておく。

星青玉 :ロッドさんはもっと狙いを絞ったほうが良いと思いますわ、オホホホホホ

タルク :「いいですわね…」(にっこり)

S×H :Whoさんは絞ったねぇ、今回w

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :まぁ、ロッドさんはまだ1・1だから、友達だしね。これからこれから

ロッド@ポー教授万歳! :まだ私には2時間分残っていましてよ

tacty :さもないと流行語大賞には飛躍が足りないじゃなくてロッド君は飛躍が足りないがノミネートされちゃうよん

星青玉 :それをいうと実は僕0・0なんですがw

西條華音 :芝村さんに聞いたら評価変わってますよ。

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :でも、コーダの時と同じで、PL側に好意を抱いているからね

S×H :大丈夫ですよ。初期パラメータがエライコトになってそうですw

タルク :あー、まだ正式に呼んだこと無いのにこの状況はすごいですw

星青玉 :まぁ確かにアドバンテージはありますね

SW−M :これが伏線というやつか

星青玉 :これが伏線ですね

S×H :月子:「星くん…」

tacty :嫁でも0・0スタートだったから

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :うん、ちゃんと向き合うんだよ?

ロッド@ポー教授万歳! :評価に出ない数値がえらい事に

yuzuki :すぐに上がると思います。

tacty :評価なんて飾りー

SW−M :隠しパラメーターがもう4・4だったりとか

ロッド@ポー教授万歳! :逃げたら黒服による陰湿なイジメが…

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :そして、「この手を離すもんかー、真っ赤な誓いー♪」ばりに、逃げられないようにしとけー

S×H :えっと、名残惜しいですが今日の仕事がー(泣) ってことでログに乗っける感想戦はここまでとさせてください

星青玉 :俺の歌を聞けぇ!![7]ですはい

星青玉 :はーい、おやすみなさーい

tacty :いい時間ですねー

yuzuki :はい、私もそろそろお疲れ様です。

星青玉 :じゃあ、良い機会で解散でー

タルク :はい、お疲れ様でしたー

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :そうですね、ちょうどそろそろ2時ですし。

SW−M :はい、ではお疲れ様でしたー

刻生・F・悠也@ポー教授最高伝説 :おやすみなさいーい

ロッド@ポー教授万歳! :おやすみなさーい

S×H :すみません>< おやすみなさーい お疲れさまでしたー

tacty :ん,ではではお疲れさまでしたーおやすみー

西條華音 :お疲れ様でした、お休みなさーい。

タルク :おやすみなさーい

星青玉 :おやすみなさーい、おつかれさまでしたー、ありがとーーーー

ロッド@ポー教授万歳! :お疲れ様でしたー

yuzuki :おやすみなさい。

SW−M :みなさんおやすみなさーい







用語


[1]言っちゃいけなかったんだよ、チェーもといS×Hさん〜:
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャアで、クェス・パラヤを撃ったチェーン・アギに
 ハサウェイ・ノアが言った台詞をもじったもの。[Back]


[2]マナティー、マフティー:
 マナティーは海棲哺乳類。人魚に間違えられる。
 ハサウェイ・ノアは逆襲のシャアのその後を描いた小説、
 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイで、マフティー・
 ナビーユ・エリンという偽名を名乗っている。
 マナティーとマフティーの字面が似ている事を利用した罠。[Back]


[3]海法さんばりに〜:
 海法さんの小説では海法さんの登場するシーンは作者特権により削除されている。[Back]


[4]小笠原の中心で愛を叫ぶ:
 元ネタは「世界の中心で愛を叫ぶ」
 元ネタの元ネタは新世紀エヴァンゲリオン「世界の中心でアイを叫んだけもの」
 元ネタの元ネタの元ネタは「世界の中心で愛を叫んだけもの」[Back]


[5]某まっすぐなクーガーさん:
 アニメ・スクライドの登場人物。[Back]


[6]はじめに言っておく〜:
 仮面ライダー電王の登場人物、仮面ライダーゼロノス/桜井侑人のキメ台詞を
 もじったもの。[Back]


[7]俺の歌を聞けぇ!!:
 アニメ・マクロス7主人公熱気バサラのキメ台詞。[Back]

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おまけ : 感想戦(用語集付き) ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる