ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5話「死に至る病」

<<   作成日時 : 2007/12/06 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

----------------------------------------
----------------------------------------
登場人物

◆星青玉
 ビギナーズ王国所属の無職・男性。
 小笠原に城島月子さんに会いに来て、
 なぜかサポートキャラと恋に落ちた男。
 なんとなく本編の主人公らしくはなってきた。
 が……


◆鋸山信児
 相次ぐ小笠原苦戦者に業を煮やした宰相によって(?)
 小笠原恋愛サポートキャラとして配備された。
 城島月子さんにたいしてやってはいけない事を
 連発する星青玉のサポートに満を持して初登場したが
 星青玉に惚れてしまい、
 その後、衝撃の「嫁入りしても良いですか」
 発言で晴れて星青玉と恋人に。
 だが……


◆城島月子
 式神の城シリーズの重要登場人物。
 式神シリーズの主人公、玖珂光太郎の血の繋がらない妹で、婚約者。病弱な美少女。
 詳しくはこちらから


----------------------------------------
----------------------------------------


星青玉 :
こんばんはー

芝村 :
記事どうぞ

星青玉 :
はい

星青玉 :
http:
//cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?&no=613&reno=422&oya=422&mode=msgview

星青玉 :
こちらです

芝村 :
イベントは試練だっけ?

星青玉 :
あ、はい(汗

星青玉 :
よろしくお願いしますー

芝村 :
2分待ってね

星青玉 :
ていくいっといーじー・・・・・

芝村 :
/*/

芝村 :
ここは病院です

星青玉 :
病院……


芝村 :
ええ。

星青玉 :
なんでこんなところにー


芝村 :
鋸山が病院にいく日でね。

芝村 :
貴方は病院の前で待ち合わせ中だ

星青玉 :
はい、手持ち無沙汰でまってます


芝村 :
おおよそ言われている時間になったが姿は見えない

星青玉 :
「んー、どうしたんだろう……」

星青玉 :
あたりをキョロキョロしてみます


芝村 :
20分を過ぎた。

芝村 :
まだこない。

星青玉 :
病院の受付で聞いてみます


芝村 :
少し遅れてるらしいね。

星青玉 :
診察がですか?

芝村 :
人が多かったせいもあるかもしれない。しばらく待つといいですよと言われた

芝村 :
ええ

星青玉 :
はい、ではもう一度待ち合わせ場所に戻って待ちます


芝村 :
さらに30分がたった

星青玉 :
もう一度戻って待合室はどこか聞いてみます

星青玉 :
>受付で


芝村 :
ロビーですよと言われた

星青玉 :
一度ロビーに行って探してみます

芝村 :
いないね。

芝村 :
遺体袋が運ばれている

星青玉 :
どこかで戦闘が起こってるのかな……?

星青玉 :
えーっと見た目ではどなたかはわかりませんよね……(あけないと)


芝村 :
そうだね。

芝村 :
背後のドアがあいた。

星青玉 :
振り向きます


芝村 :
鋸山だった。

芝村 :
蒼白な顔をしていた。

星青玉 :
「ど、どうしたの?」


鋸山:
「ううん、なんでもない」

鋸山:
「さ、いこ」


芝村 :
鋸山は優しく笑った。

星青玉 :
とりあえず手を取って歩きます。

星青玉 :
「どうみても、なんでも無いって顔じゃないけど……?」


鋸山:
「ちょっと、血を抜かれたから」

鋸山:
「あははは。ごめんね。血とか、苦手なんだ。こうでも」


星青玉 :
「そっか……検査?」


芝村 :
鋸山はうなずいた。

鋸山:
「定期健診なの」

鋸山:
「さ、えっと、どこにいこうか。今日はお小遣い入ったから、なんでもおごってあげる。あははは」


星青玉 :
「じゃあ近くに甘味所あるらしいから、そこいく?」


芝村 :
鋸山はうんっと笑った。

芝村 :
/*/

芝村 :
甘味どころのまえについたよ

星青玉 :
「さてと、とりあえず入ってみようか?」


鋸山:
「うん」

鋸山:
「男の子と来るのはじめて」


芝村 :
鋸山は笑った。

星青玉 :
「そっかw よしよし早くいこうw」

星青玉 :
適当に席につきますー


芝村 :
鋸山は席についた。

芝村 :
微笑んでいる。

鋸山:
「どれがいいかなー」


星青玉 :
「僕はきたこと無いから、のこさんにまかせるよ」


鋸山:
「えー。じゃあ、私がすきなもの?」


星青玉 :
「うん」


芝村 :
鋸山は1個だけ、大きなパフェを頼んだ。

星青玉 :
「すごいもの頼むなw……で、さ、……何か隠してない?」


鋸山:
「ば、ばれた?」


星青玉 :
「態度がおかしい、バレバレ」


鋸山:
「そっか。うまく隠したつもりだったけど」


星青玉 :
「話してくれないかな?」

星青玉 :
「お願い」


鋸山:
「あと、5分くらい、……だめ?」


芝村 :
鋸山は上目がちに言った。

星青玉 :
「5分たったら手遅れとか言わなければ」

星青玉 :
「あと嘘禁止!」

星青玉 :
じーっとのこさんを見てます


鋸山:
「な」


芝村 :
鋸山は少し照れて、笑った。

芝村 :
顔は蒼白なままだったけど

芝村 :
5分くらいでパフェが来た。

鋸山:
「いや、実は……」

鋸山:
「どうしても、言わなきゃだめ?」


星青玉 :
「……おねがいします。言わないと僕が心配で倒れて救急車に運ばれます」


鋸山:
「……二人でその、一個のものを食べたら恋人みたいかなって」

鋸山:
「制服姿でごめん」


芝村 :
鋸山は黙った。

星青玉 :
「そっか……じゃあとりあえず、たべようかw」


芝村 :
鋸山は嬉しそうにうなずいた。

芝村 :
/*/

芝村 :
結局、何も聞きだせずに一日が終わってしまった。

星青玉 :
よ、翌日ですか?

星青玉 :
えっと、翌日のこさんに会いにいけますか(汗


芝村 :
あえないね。

星青玉 :
学校に来てないのでしょうか?


芝村 :
ええ。

芝村 :
月子がいる。

月子:
「こんにちは」


星青玉 :
「こんにちは、あの、のこさん知らない?」


月子:
「星青玉くんのほうが詳しいんじゃないの?」


月子:
「引越しだって。お別れできた?」


星青玉 :
「!?」

星青玉 :
「聞いてないよ!!今日!?」


月子:
「昨日かな。あ。そうか」

月子:
「星青玉くんは昨日、きてなかったんだよね」


月子:
「朝、お別れしたの」


星青玉 :
「くそう!ありがとう月子さん!僕、行ってくる!」といきかけて「月子さんなら、僕は、いま、どこに行けばいいと思う?」


芝村 :
月子は絶句した。

月子:
「それは・・・」


星青玉 :
「解かるんなら教えて、解からないならごめん、解かってて言いにくいなら言って!時間が無いから!」


芝村 :
月子は深呼吸した。

月子:
「のこちゃんね、もう、さよならしてるとおもう」


星青玉 :
「僕はしてない、僕は追わなくちゃいけない!」


月子:
「私はサポート用だから、ストレスがたまらないように定期的にりせっとっていうのをされるって」


月子:
「だから」


星青玉 :
「病院か!ありがとう!」

星青玉 :
自転車でも車でもなんでも使っていそぎます


芝村 :
はい。病院についた

星青玉 :
地下が怪しいと踏んで乗り込みます!


芝村 :
遺体安置所だ

星青玉 :
他には何も無いですか


芝村 :
探してまわるかい?

星青玉 :
はい、急いで


芝村 :
電源室とかはあるけど

芝村 :
他にはないねえ。

芝村 :
遺体のお顔を拝見するのは少し気がひけるね

星青玉 :
では受付で聞いてみます

星青玉 :
「すいません!!きょうここでサポートキャラの記憶のリセットを行っていませんか!!教えてください!お願いします!!」


受付:
「高度技術室へどうぞ」

星青玉 :
場所を見て走ります!注意されても走ります!


芝村 :
高度技術室は高度なセキュリティが施されていて入れない。

芝村 :
その前で技術者が煙草吸っている

星青玉 :
「すいません!!ここを通してください!!」


星青玉 :
「僕の好きな人の記憶を消させたくないんです!!お願いします!」


技術者:
「最近多いなあ。なに?」

技術者:
「ここには生きてる人はこないよ」

星青玉 :
「サポートキャラがストレスをためないようここでリセットされると聞きました!」


技術者:
「あー。もうばらしてるよ」

技術者:
「がんこでね。結局廃棄しちゃった」

星青玉 :
「身体は!どこにある?」


技術者:
「ジャンクならそこの箱に」

星青玉 :
わかりますか?


芝村 :
箱はあるね。

芝村 :
貴方は近づいて、そして吐いた。

芝村 :
/*/

芝村 :
はい。お疲れ様でした。

星青玉 :
おつかれさまでした、すいませんのこさんの保存だけ頼めますか?

芝村 :
もうゲームは、終わっている。

芝村 :
はい。お疲れ様でした。宰相府から月子あてのデートチケットが2枚ほどもらえます。

星青玉 :
次回

星青玉 :
この続きからは可能ですか?

芝村 :
できるとも

星青玉 :
デートチケットは月子としか使えませんか?

芝村 :
ええ

星青玉 :
すいません、本当にぐるぐるしてます

星青玉 :
ではそれを受け取らないので、補修を頼めませんか、お願いします。

芝村 :
わかった。

芝村 :
ラストワンだ。がんばれ

星青玉 :
はい、がんばります。

星青玉 :
解かってます、はい泣くのはまだ早い

芝村 :
では解散しましょう。お疲れ様でした。

星青玉 :
わかってるだけじゃだめですよね、うん、今回もわかっててしっぱいしました、はい

星青玉 :
ありがとうございましたー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第5話「死に至る病」 ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる