ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)

アクセスカウンタ

zoom RSS お茶会 in FEG

<<   作成日時 : 2008/09/26 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

#読みやすさを考慮し、一部、発言の順序を入れ替えています。

芝村 :/*/

芝村 :ここはFEGです。空港だよ

tacty :「ほほー(おのぼりさんよろしくきょろきょろ)」

里樹澪 :Q:もう皆さん集まっていますか?

タルク :「おお・・・アイテム探し以来?」

芝村 :ええ。

芝村 :栄光はそこで小さな羽を休めている。

芝村 :ヒルデガルドは滑走路の脇にテーブル出して紅茶を飲んでるよ

tacty :「こんにちは,いつもお世話になってます(礼)」

里樹澪 :「おお、と、喜ぶのはあとにして、こんにちは。皆さんをビギナーズでお迎えできず済みません」

タルク :「こんにちは、はじめまして。今日はお越しいただきありがとうございます」

芝村 :ヒルデガルド:「こういう状況だものね。ああ、貴方がキャプテンタルク? はじめまして。光栄だわ」

tacty :「ひひひw 有名人ですねっ(キャプテンを腕でごりごり)」

タルク :「ご存知でいらっしゃいましたか…。いや、恐縮です」

里樹澪 :「ヒルデガルドさんありがとうございます。やっぱり有名人なんですねー」

芝村 :ヒルデガルド:「TVは見ます」

芝村 :ミズキ:「すごーい。オリンポスみたい」

tacty :「こんにちはっ,お久しぶりです。やっぱり大国はすごいですねぇ」

芝村 :ポー:「そうだね。このところのFEGの勃興はすさまじい」

タルク :r:ヒルデガルドさんと栄光を教授とミズキに紹介します。

芝村 :ポー:「大統領がでると言うことは、こういうことか・・・」

tacty :「このところでしたか…,こんにちは,教授。前のイベントではほんとに力不足で…」

タルク :「こんにちは、皆さんお久しぶりです」

里樹澪 :「最近の話だったのですね……と、教授前回は本当に申し訳ありませんでした。」

芝村 :ポー:「わかっていたことだ。こんにちは」

芝村 :ヒルデガルド:「みなさんはじめまして。新顔よ。おばあちゃんだけど」

里樹澪 :#済みません!ありがとうございますー!急に落ちてしまい

芝村 :ポー:「光栄です。ヒルデガルド」

タルク :「教授、前回は本当にありがとうございました」

r:深く頭を下げます

芝村 :ポー:「きにすることはないさ」

里樹澪 :「はじめましてヒルデガルドさん。お迎えすることができて光栄です」

芝村 :ヒルデガルド:「嬉しいわ」

タルク :Q:栄光とコンタクトを取ることは可能でしょうか?

里樹澪 :「本当はビギナーズの自然でお迎えしたいところでしたので、今度機会がありましたら是非案内させてください」とヒルデガルドさんに伝えます

芝村 :ヒルデガルド:「ええ」

芝村 :A:どうやって?

タルク :Q:コクピットに乗り込んで話しかける、というのは可能でしょうか?

芝村 :A:できますー

タルク :「と、立ち話もなんですから良ければ席につきませんか?」

r:と言いつつ、人数分いすを借りてきます。

芝村 :はい。皆で座りました。

タルク :「実は、yuzukiさんからお茶とお茶菓子を預かってきていまして」

r:しゃべりながらお茶の準備をします

芝村 :ヒルデガルド:「いつくるのかしらね」

tacty :「タルクさんありがとうございます。いつ来るっていうのは?」

里樹澪 :「えーといつくる、と言うのはもしかして……」と言いつつサマーセーターの人がいないか警戒します

タルク :Q:yuzukiさんに用意していただいたページを提出してもよろしいでしょうか?

芝村 :ポー:「クーリンガンだね」

芝村 :A:ええ

タルク :ありがとうございます。こちらになります

http://40883659.at.webry.info/200809/article_1.html

tacty :「う,やっぱり出そうですか」

里樹澪 :「ですよねー……できれば出てこないでほしい人物です」

芝村 :ヒルデガルド:「あら、私は出てほしいけれど」

タルク :「参加できずすみません、皆さんによろしく、とのことでした」

r:お茶とお茶菓子を配ります

芝村 :皆でお茶を飲んだ。

芝村 :落ち着いた。

tacty :#キャプテン…,整備士なのになんてメードな…

タルク :#すっかりメードが染み付いちゃってる…

芝村 :ははは

里樹澪 :「何か、ヒルデガルドさんが言うとすごく心強く感じます」<出てほしい

芝村 :ヒルデガルド:「・・・負ける気がしないから」

tacty :「何か弱点とか…,そういうことじゃないかー」

芝村 :ヒルデガルドは微笑んだ

里樹澪 :「か、感服いたしました」思わず頭をたれる

芝村 :ヒルデガルド:「私のカッコ友達がいるんだけど」

タルク :「はい」

タルク :#カッコってなんでしょう…?

芝村 :#チェスのこと。ズカッコ、スカッコでもいい

里樹澪 :#おお、なるほどー<チェス

芝村 :ヒルデガルド:「その人、すごい強いのよ。私はそれに一度かったわ」

tacty :#宰相?

tacty :#皇帝かっ

芝村 :#さてねえ。きいてみれば?

tacty :「皇帝さまだったりします?(笑」

芝村 :ヒルデガルド:「あら、あの子は私と五分五分よ。ベリサリウスというんだけど」

里樹澪 :「べ、ベリサリウス公ですか?!」

tacty :「ひゃ,あの子ですかっ」

芝村 :ヒルデガルド:「私は孫ほど年上だけど?」

タルク :「(っと、話の途中申し訳ありません。栄光が一人ぼっちになってしまっているので、少し失礼します)」

r:小声で一礼してから離席します

里樹澪 :「な、なるほど……あ、キャプテン行ってらっしゃい」

芝村 :ヒルデガルド:「さすがキャプテン」

タルク :r:栄光のコクピットへ向かいます

芝村 :////////////////

芝村 :DAIAN

芝村 :///////////////

タルク :「こんにちは、初めまして」>栄光



芝村 が会話から退席しました。



(この間十数分ほど)



芝村 が会話に参加しました。



tacty :#だ,大丈夫でしょうか?

里樹澪 :#大丈夫ですかー?(汗

芝村 :#AIのところで大規模線がおちておちました。

芝村 :失礼

芝村 :DAIANは戦争を冷静に見ている

tacty :#やっぱりもうクーリンガン戦争なのかー

芝村 :otapon:いよう。誰だ、そこのcoolなハッカーは

タルク :「…今の状況とこれからの見通しについて聞かせてもらってもいいだろうか?」>DAIAN

タルク :「!? 」

芝村 :otapon:返事もなし・・・か?

tacty :#DAIANと直リンしてるのかっ

タルク :「失礼、はじめまして」

芝村 :otapon:割り込み・・・だれだ?

タルク :「あなたがotaponさん、ですか?噂は聞いています」

「ビギナーズ王国のタルクと申します」

芝村 :otapon:キャプテンタルク!

tacty :#やっぱりっw

タルク :#あんたらw

里樹澪 :#otaponもファンかw

タルク :#orz

芝村 :otapon:こりゃ有名人だな。また世界の危機とたたかってるのかい? キンキンはどんな美人だ?

タルク :「…どうやら、自己紹介の必要はなさそうですね。 …というか、まだキンキンとはろくに会話もできてないんだが」

芝村 :otapon:ひゅーひゅー

tacty :#ひゅーひゅー

里樹澪 :#ひゅーひゅー

タルク :#遠い目

里樹澪 :Q:ええと、ヒルデガルドさんたちとの会話も平行しておこなってよろしいでしょうか?

芝村 :A:ええ

タルク :「まあ、それはともかく、今日は一体どうしてこんなところに?」

r:がんばって話題をそらします

芝村 :otapon:戦争を見てるんだろ?

里樹澪 :「なんかキャプテンがいじられてる予感が……まぁいいか。ええと本日皆さんお呼びした理由はもうひとつありまして」

tacty :#DAIAN=キャプテンがハッキングしてるのをotaponが気づいたっていう感じ?

タルク :「ええ…それもあったんですが、栄光…いやこの場合はDAIANか…に挨拶しておきたかったなあ、と」

芝村 :ヒルでガルド:「なにかしら」

芝村 :otapon:挨拶はしてるんじゃないか。レジストレーションコード上ではキャプテンハルクになってる。

芝村 :otapon:戦闘機に乗ってるんだな。おそらくは

タルク :「ええ、その通りです。」>otapon

芝村 :otapon:cool

芝村 :otapon:爆発した核は3つだ

里樹澪 :「先ほど機会があればビギナーズを案内させてください、と申し上げたのですが、実は近いうちに合併を行う予定なのです」

tacty :#あと9発かー

タルク :「…残りは9個か?」

芝村 :ヒルデガルド:「王不在ですものね」

芝村 :ポー:「わかった」

タルク :「っと、ごめん。爆発した場所は!?」

芝村 :otapon:ビギナーズ、よんた、詩歌

里樹澪 :「ええ……先ほどの言葉を撤回する形になってしまい申し訳ありません、ヒルデガルドさん」

里樹澪 :#なんですとー!?

芝村 :/*/

芝村 :はい。おつかれさまでした

tacty :ありがとうございましたー

里樹澪 :お疲れ様でした。ありがとうございましたー

タルク :お疲れ様でした、ありがとうございましたー

芝村 :評価は+1+1(MAX2,2でした)

tacty :ど,どうしようー

芝村 :秘宝館には1、1でたのめます

里樹澪 :ど、どうするもなにもー、ええと、被害状況は分かりますか?

芝村 :では解散しましょうか。

芝村 :被害状況は不明だが。防空機関砲あればさほど怖くはない

tacty :あ,ありますねっ

里樹澪 :おお、買っててよかった!

タルク :あ、ありました

タルク :って、はやいとこ他にもつたえないと…

里樹澪 :あ、あとすみません。ACEの方々は合併しても付いてきていただけそうでしょうか?

芝村 :ええ。

芝村 :ついてきそうです

里樹澪 :おお、よかったー!ありがとうございます!

tacty :よ,よかったーっ。キャプテンありがとうーっ

芝村 :では解散しましょう。おつかれさまでしたー

タルク :ありがとうございますー!

里樹澪 :おつかれさまでしたー!ありがとうございましたー!

タルク :お疲れ様でしたー

tacty :ありがとうございましたー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お茶会 in FEG ビギナーズ王国公文書館(SS置き場)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる